勝手気ままな競輪予想と自己中心的競輪日記
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006-03-14 (火) | 編集 |
これが野球発祥の国か・・・

玉野決勝予想も済んだので、WBCについて私なりの意見を少し・・・
昨日二次予選リーグの日本VS米国があったが、そこで信じられない
審判の判定があった。
もう皆さんもご存知でしょうが、8回に日本が1OUT3塁から犠牲フライで
タッチアップから1点を取った。
アメリカ選手がタッチアップが『早すぎ』たのでは、ということで塁審にアピール・・
結果、『セーフ』の判定。
ここで一件落着のはずが、米国監督が主審に抗議したところ、判定が覆り
タッチアップが早すぎたと言う事で、『アウト』の判定に覆る。
王監督抗議するも再度覆るわけも無く・・・
という結果に日本は意気消沈して、さよなら負けをきす。

ここで問題なのは、犠牲フライはレフトに上がったので、三塁塁審は捕球
確認の為ボールを追う。 従って、タッチアップ確認は二塁塁審が
三塁側に来て行う。主審は、当然ホームベース場での判定をする為に
ホームに居るわけですよ。
規則的には、審判は皆同じ立場であり、判定は一番近くに居た審判が
行い、それを尊重する。
今回、一度セーフとの判定が覆ったのが問題です。

私も野球とは昔から縁があり、『審判講習』も受けていますし、学生の
アマチュア野球の審判にも誘われました。
そんなことより、審判による『誤審』は当然あります。それを責めたりはしません。
最初のアピールプレーで、二塁塁審がアウトの判定を下していたのなら問題ない訳です。(実際はセーフでも、それを尊重する)
タッチアップの抗議はアピールプレーですから、申し立てをしない限り
審判側からは裁定は下しません。

主審も一度は二塁塁審が下した判定を尊重するのが
本来のルールです。

えこひいきの裁定と言われても仕方ない。
また、日米戦で第三国の審判ではなく、米国の審判で行われたのも
非常に問題である。

試合自体も、私が見る限り日本の野球がレベルで云々と言うより
面白いし、よく頑張った。
アメリカは、変なプライドばかりで本来の姿を見失っている。
・・・と思いました。
野球発祥の国がこんなんでいいのかな??? 最低です

がんばれ日本!! 


スポンサーサイト
テーマ:野球全般
ジャンル:スポーツ

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。